おすすめ鉄分サプリ

鉄分不足・貧血は何故起こる?〜原因と対策方法〜

めまいや立ちくらみ、疲労感など貧血の症状はつらいですよね。
こういった貧血の7割は鉄が不足しておこる鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。
つらい貧血ですが、鉄を補給してあげれば治りやすい貧血だとも言われています。
では、なぜ鉄不足の貧血が起こるのでしょうか。

 

食生活で鉄が足りない

成人男性や閉経後の女性の一日の鉄の所要量は10r、成長期(14〜16歳)の男性や閉経前の女性は12r、妊婦の場合は18rと言われています。
このうち、消化器官から実際に体に吸収される鉄分は10分の1程度なので、実際には1〜1.8rの鉄が必要だということです。
この鉄ですが、レバーや小松菜、貝類などに多く含まれています。
しかし、ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べていてはこのようなものを十分に摂ることができません。
ただ、忙しい現代人はなかなか自炊をするのも難しく、どうしても鉄分の摂取量が不足しがちになってしまいます。

 

慢性的な出血が多い

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がん、子宮筋腫などの疾患では継続的に少量ずつ出血していることがあります。
これを慢性的な出血と言います。女性の毎月の月経もこれにあたります。
この慢性的な出血は鉄欠乏性貧血になる最も多い理由です。
月経の場合は一か月に平均40mlの出血があります。
これは鉄分20rを輩出していることになります。これを毎月きちんと補わなければ鉄欠乏性貧血になってしまうのです。
生理のない成人男性や閉経後の女性が鉄欠乏性貧血と診断された場合は、何らかの病気によって慢性的な出血が起こっていることも考えられます。

 

鉄の吸収をうまくできない

鉄欠乏性貧血の原因として、鉄の吸収をうまくできないということも考えられます。
食事から摂られた鉄は消化器を回って、十二指腸から吸収されます。
健康な人ならば平均して10%程度の鉄を体に吸収できますが、消化器に疾患等がある場合は鉄の吸収をうまくできないこともあります。
また、胃を切除した人も胃酸の分泌が十分に行われず、鉄の吸収率が悪くなり、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

 

鉄分不足の対策方法

現代人に増えているといわれている鉄分不足。
鉄分が不足すると貧血を起こすだけでなく、様々な健康被害を引き起こしてしまいます。
とはいってもそもそも鉄分不足はなぜ起こるのでしょうか。
今回はそんな鉄分が不足する原因とその原因別の対処法について詳しく説明いたします。

 

普段の食事で鉄分不足

暴食

最近の鉄分不足の中で最も多い原因が食生活の乱れによる鉄分不足。
赤血球の原料となる鉄が欠乏していて、鉄欠乏性貧血を引き起こしている場合がほとんどです。
食生活が乱れている原因としてはファストフードやインスタント食品、スナック菓子の食べ過ぎ、または著しい好き嫌いなどによる偏食、ダイエットなどにみられる欠食がほとんどです。

 

これら食べ物が偏っている、もしくは不足していることによる鉄分不足は鉄分そのものが足りていないだけでなく、鉄分や他の造血作用を促すビタミンなども欠乏していると考えられます。
これら普段の食事での鉄分不足を解消する最大の対処法はきちんと三食バランスの良い食生活を心掛けることに尽きます。
ファストフードやインスタント食品、スナック菓子などを控え、鉄分やビタミンが豊富に含まれている食事に切り替えることで十分に鉄分不足が解消できます。

 

とはいえ、忙しい現代社会に生きる私たちではなかなか毎日夕食やお弁当を作って栄養のバランスを心掛けるというのは、難しいものです。
また、野菜などに含まれている非ヘム鉄と呼ばれるものは吸収率があまりよくないというか、下痢ですると流れてしまうとかでなかなか鉄分補給のために摂ると考えるとうまくいかない場合もあります。

 

なので、手っ取り早く食べ物で鉄分をしっかりとるには、レバーや肉類などに多く含まれているヘム鉄をしっかりとることが大切です。
それに加えて、野菜は鉄分の働きを助けるビタミンを摂るものだと考えて、一緒にしっかりとるようにしましょう。
どうしても毎日お料理するのが難しい場合は、サプリなどで足りない鉄分を補うのも一つの方法ですね。

 

慢性的な出血による鉄分不足

腹痛

失血性貧血といわれ、出血することで少しずつ血液が失われるために起こる貧血です。
慢性的な出血が起こっているときの症状としては、月経、胃潰瘍、十二指胃潰瘍、大腸がん、子宮筋腫などの疾患が挙げられます。
これらの疾患は、一度に大量の出血をするわけではないのですが、毎日毎日少しずつ、でも確実に患部からの出血が続いていきます。しかもカラダの外側にある皮膚と違って、血が止まらずに立て続けに出血していきます。
また、疾患ではありませんが、生理の場合、1回の生理で失う鉄分は約20r
成人女性が1日に必要な鉄分の量は1日12mgなので、約2日分の鉄分を生理によって失うことになります。
これが生理中の貧血の原因です。

 

なので女性にとっては生理中の貧血はある程度仕方ないと思ってしまいがちですが、貧血状態に陥るとだるさやめまいなど、他の症状も出てくるので注意が必要です。
慢性的な出血による鉄分不足はすぐに体に著しく影響を及ぼすほどの出血ではないため、自分でも気が付かないうちに体の中の血液が足りなくなってしまっていることが考えられます。
こういった慢性的な出血が起こり続けていると当然貧血状態になるため、しっかり食事もとっているのにもかかわらずなおかつ貧血が続く人は一度お医者さんできっちり原因を調べてもらったほうがいいでしょう。

 

まずは原因をしっかりと突き止めて、貧血の原因である疾患を治すことが先決。
そのうえでサプリや鉄剤など、造血をするための内用薬でしっかり鉄分を補給して貧血を改善することをお勧めします。
長く続く貧血は決して自己の判断で解決しないように。他に思いもよらぬ疾患が隠れているかもしれません。
特に女性の場合は月経による貧血が当たり前になってしまっているため、男性に比べて貧血は日常茶飯事・・・と慣れてしまっている場合も多いようですが、決して軽く見ることなく、サプリなどを試してみても改善しないようであれば必ずお医者さんで相談してみるようにしましょう。

 

鉄の吸収をうまくできない

胃潰瘍

消化器に疾患がある場合や胃を切除した場合など、消化器系の疾患が原因で貧血を起こしている場合もあります。
消化器になんらかの疾患がある場合は、健康な人に比べて鉄分の吸収がうまくできない場合があります。
というのも、胃の内因子の分泌が減少するため、鉄分だけでなく栄養素全般の吸収がうまく行えないのです。
当然鉄分だけでなく、造血に必要なビタミン類なども吸収が弱くなってしまいます。

 

また、鉄分の吸収に必要な胃酸の分泌量も減ってしまうため、鉄分は特に吸収が悪くなり貧血状態に陥ってしまいます。
過去に胃の切開手術などを行っている人は、特に鉄分を意識して摂るように心がけたほうがいいでしょう。
貧血が気になる人はすぐにかかりつけのお医者さんに相談して鉄剤の処方やビタミン注射などの治療を相談してみてください。
また、過去に胃の切除をしたことがないという人でも、消化器(特に胃!)はストレスで疾患を起こしやすい場所でもあるので、まずはストレスをためないような生活習慣を心がけるのが一番です。
(といってもストレスをためない生活ができる人が日本中にどれだけいるのか・・・という話ですが)
ストレスが原因の胃の疾患でも胃を切除した時と同じように内因子の分泌の低下や胃酸の減少などを引き起こします。
貧血が続くようならそれはひょっとすると消化器が異常をおこしているサインかも。
なので一度お医者さんで健康診断を受けてみるようにしましょう。

 

まとめ

医者

たかが貧血、と侮ってはいけません。

貧血は消化器の子宮の疾患のサインだったり、はたまた最悪は白血病のサインであったりなど、重大な病気が潜んでいるかもしれないのです。
食事を改善したり、サプリを試したりなどでも貧血が続くようなら、必ずお医者さんで一度見てもらうことをお勧めします。