おすすめ鉄分サプリ

鉄玉子とは?鉄分補給効果はある?使用方法と錆びた時のお手入れ方法について

たとえ普段の食生活に気を遣っていても、激しいスポーツをしたりダイエットをしたりすると鉄分が不足しがちです。
特に女性は男性に比べ、生理などで血を失いやすく、また妊娠中は胎児の成長に伴いより多くの鉄分を必要とします。
鉄は赤血球の原料であり、人間が生きていく上でなくてはならない物質なのです。
そこでおすすめなのが「鉄玉子」です。
この鉄玉子を使うことによって、手軽に気軽に鉄分を摂取することができます。
鉄玉子を知らない、という方も多いと思うので、詳しくご紹介したいと思います!

鉄玉子とは?

鉄玉子とは鉄でできた卵型の塊で、南部鉄器の一つです。
鉄玉子をやかんに入れてお湯を沸かすと鉄分が溶け出すので、そのお湯を飲むだけで鉄分を効率的に摂取することができるとされています。
現在では、オーソドックスな卵型以外にも、
平べったい卵型、魚型、キティーちゃんやドラえもんなどのキャラクター型なども発売されています。

 

 

また、南部鉄器はぬか漬けや黒豆を色よく仕上げるためにも使われるので、茄子やカブの形をした野菜の形のものも売られており、同じように使用できます。

 

南部鉄器とは?

南部鉄器とは岩手県で生産される伝統工芸品で、鉄器の種類としてほかに鉄瓶、鍋、風鈴、燭台があります。
南部鉄器は江戸時代に各地から南部藩に職人が集い、本格化されたと言われています。

鉄玉子の効果について

鉄分補給に

鉄玉子から溶け出す鉄分の約80〜95%が人間の身体に吸収されやすい二価鉄です。
この二価鉄は体内で消化を経ずにすばやく吸収されるため、継続して利用すると貧血予防や改善に効果があることが判明しています。

 

鉄玉子1個に対し水1リットルを沸かすと0.042mgの鉄分が抽出されます。
一日に成人男性が必要な鉄分量は10mg、女性が12mgと言われています。
鉄分が豊富な食材として豚レバーが13mg/100g、パセリが7.5mg/100gなどです。
鉄玉子によって一度に鉄分の必要摂取量を補うことはできませんが、日ごろから使用することで、貧血予防の上で大きな役割を果たしてくれます。
また、鉄玉子は沸騰を続けることによって溶け出す鉄分の量が多くなります。
煮沸の際、鉄器表面から出る鉄分は吸収率の良いイオンになっています。

 

お料理に

先ほどもお伝えしましたが、茄子の漬物や黒豆などの色付けに利用するととても鮮やかな仕上がりになります。
また、昔からアサリやシジミなどの貝類の砂出しにも効果があると言われています。
アサリやシジミの砂出しに使用すると貝類が海水と勘違いし活発になるためとのこと。

 

お花に

調理系以外の用途として、花瓶があります。
花瓶に鉄玉子を入れることで花が長持ちすることがわかっています。

鉄玉子の使用方法と洗い方

それでは、鉄玉子はどのように使用すれば鉄分補給が出来るのでしょうか?
とにかく簡単なので、ご紹介します。

 

お湯を沸かす前に、やかんに鉄玉子を一緒に入れて沸騰させます。
鍋物や味噌汁の調理始めやご飯を炊く際にも利用できます。
たったこれだけ。お水に入れるだけです。

 

調理後は早めに取り出し、水洗いし乾いた布で拭き取り、乾燥させます。
取り出す際は鉄玉子は大変熱くなっているため、トングやその他挟み込み器具を使い、素手で触ることがないようにしましょう。

 

また、調理後に器具に入れ続けると鉄分が出過ぎて水分が赤くなる場合があります。
入れっぱなしは錆の原因にもなるので、調理後はすみやかに取り除きましょう。

 

鉄玉子の洗い方

鉄玉子の洗い方ですが、洗剤やタワシで洗うことは表面の剥がれ落ちやカビの原因になるため避けてください。
水であらってしっかり拭きましょう。
その後、ラップでくるむとさらに錆びにくくなります。

鉄玉子のメリット・デメリット

鉄玉子のメリットは?

鉄玉子を利用するメリットは、簡単に鉄分を体内に摂取することができることです。
初めは錆臭がありますが、徐々になくなっていきます。
鉄玉子によって水道水は塩素臭を抑えることができ、まろやかな味わいになるため、そのまま白湯として飲むことができます。
料理の色付けに使用した場合、茄子はきれいに色味が出て、黒豆はしっかりと艶が感じられる仕上がりになります。
また、調理の際、ケチャップやレモン汁、酢や味噌などの酸性の調味料を加えるとさらに多くの鉄分が出ることが確認されています。
価格も1,000円前後で一度購入すれば買い替えはほとんどの場合必要ないためとても便利です。
手入れ方法は使用後の水洗いと拭き取りのみのため手間がかかりません。
水洗い後は鉄玉子の余熱で乾きやすいです。

 

鉄玉子のデメリットは?

鉄玉子のデメリットは、とにかく錆が付きやすいことです。
南部鉄器は鋳物のため、錆は付きものです。
鉄の錆は人体によくないとされており、錆が見つかった場合は落としてから再度使うことを徹底しましょう。

もし鉄玉子が錆びたらどうすればいい?

もし鉄玉子が錆びたら、酢を使って錆を落とすことができます。
酢は弱酸性なので、酢に含まれる酸が鉄を溶かします。
布に酢をしみ込ませて錆を拭き取るか、ブラシで軽く落とす方法があります。

 

ブラシで強くこすり過ぎると鉄玉子の表面が剥がれ落ちる可能性がありますし、水が付いたまま放置すると再び酸化して錆が付くので注意が必要です。

 

さらに、茶殻を使って処理をすることも可能です。
出汁取り用のパックに茶殻を入れ、鍋かやかんでお湯と鉄玉子と一緒に沸騰させます。
この作業を数回繰り返し、しっかり拭き取り乾燥させることで錆をとることができます。
また、効果的な保存方法として、乾燥後にラップで包んでおくことで錆にくくなります。

まとめ

鉄玉子を使って簡単に鉄分を摂取し、健康な身体を手に入れることができます。
サプリメントのように買い足しが必要でなく、一度購入すれば半永久的に使うことのできる鉄玉子はとても実用的です。
また、使い方も単純明快で白湯から各種料理に活かすことができ、自分だけのオリジナルの用途をカスタマイズすることが可能です。
鉄分不足が懸念される現代人にとって体に吸収の良い鉄分を作り出す鉄玉子はおすすめです。